農業、助成、振興奨励、技術、園芸、流通 公益財団法人園芸振興松島財団(Matsushima Horticultural Development Foundation)
財団について
設立経緯と歴史
設立経緯
 設立者松島憲二は、その父松島源太郎の信念「農業は立国の基」に基づいて、父子二代に渡り、青果物流通事業に携わってきたが、昭和49年(1974年)5月、東京中央青果鰍定年退職したことを契機に、我が国の園芸事業の発展に寄与することを行いたいとの願望を込めて、私財を投じて設立したものである。
設立目的
 青果物の生産から流通経営にいたる調査、研究、技術開発及びその普及に対する助成、奨励、表彰等の事業を行うことにより、学術の振興と、国民の希求する青果物の安定供給を図り、もって明るい豊かな社会の形成に寄与することを目的とする。
事業展開
 財団は(1)青果物の生産から流通経営の振興に関する研究等に対する助成、(2)園芸農業の発展に貢献した功労者に対する表彰の二つを事業の柱に据え、更に、園芸振興に関する出版への助成、及び講演会、研究会等の開催と助成、その他この法人の目的を達成するために必要な事業を展開してきた。
これまでの成果
 平成30年度までの44年間に園芸振興発展のため、研究助成(特別助成を含む)または振興奨励として、各方面に贈呈した件数は398件、金額は2億2,2730万円に達した。

公益財団法人移行
 平成20年12月に公益法人制度改革関連法が施行されたため、平成22年度より新制度への移行準備を進め、平成23年初頭に移行認定申請を行った結果、内閣総理大臣より平成23年4月1日から公益財団法人への移行が認定された。
財団について 設立経緯と歴史 財団概要 定款 事業計画 事業報告 役員名簿
研究助成  内容 申込書 研究助成対象一覧
 振興奨励 内容 申込書 振興奨励対象一覧
■連絡先 〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-16-17 
電話:03-3717-6503 ファックス:03-3718-0801
■お問い合わせ 電子メール
Copyright 2003- Matsushima Horticultural Development Foundation ,All right reserved